出発してから120kmほど走り、現在は山梨県甲斐市付近。

8:27 塩崎駅近く 121km地点
8:27 塩崎駅近く 121km地点

甲府盆地もそろそろ終わり、山が近づいて来ました。
この辺から緩い登りが始まり、富士見峠を越えるまで何と40kmも続きます。

9:15 韮崎駅近く 127km地点
9:15 韮崎駅近く 127km地点

景色はとてもいいです。
予報だと降水確率60%なのに天気も最高。風もなし。

9:34 北杜市武川 137km地点
9:34 北杜市武川 137km地点

そして前回のリタイア地点、武川に到着!今回はトラブルなしでここまで来れました。

ここのハピドリ(ハッピードリンクショップ)で飲み物を補給した後、感慨にふけって少し休憩。

10:04 140km地点
10:04 140km地点

引き続き坂を登ります。

だいぶ交通量も減って走りやすく、景色も綺麗なんですが、

10:22 147kmくらい?
10:22 147kmくらい?

なんですが、、

10:24 148kmくらい?
10:24 148kmくらい?

とにかく単調で飽きる!
緩やかな上り坂も長く続くとキツく、走っても走っても景色が変わらないので精神的にもキツイ。

10:27 長野県突入! 150km地点
10:27 長野県突入! 150km地点

それでもゆっくりと進んでいると、長野県に突入。
長い上り坂もあと10kmほどです。

10:33 道の駅で休憩 151km地点
10:33 道の駅で休憩 151km地点

長野県に入った直後にある道の駅 信州蔦木宿で休憩。
恐らく、この辺から第三の難関、富士見峠を登ります。

と言っても勾配はここまで登って来た道とほとんど同じで、体感1~4%くらい。峠ということでキツイのを覚悟してましたが、拍子抜けでした。

11:43 富士見峠制覇 159km地点
11:43 富士見峠制覇 159km地点

富士見峠頂上手前のコンビニで補給食を買い足し、11:43無事富士見峠制覇。
甲府盆地(標高243m)から700mほど登り、現在標高959m。

長かった登りもここで終わり、ここから先しばらくは下り坂と平坦が続きます。

12:03 坂室トンネル 168km地点
12:03 坂室トンネル 168km地点

しばらく下り、突然現れた坂室トンネルを抜けると、

12:05 茅野 169km地点
12:05 茅野 169km地点

そこは雪国、ではなく諏訪盆地でした。

写真の長い下り坂の先は茅野市街。
この先市街地の道は走りづらかったので、多少遠回りになりますが、諏訪湖の南側を通る487号線へ迂回した方がいいかと思います。

今回は甲州街道で諏訪湖の北側を通りました。

12:34 上諏訪駅 178km地点
12:34 上諏訪駅 178km地点

上諏訪駅。現在12:30で松本まで後30kmほど。
帰りの列車は20時なので確実に時間が余りそう、という事でここからは時間を潰しつつ進むことに。

12:39 諏訪湖で休憩
12:39 諏訪湖で休憩

湖畔でしばらく休憩してましたが、空がだんだん暗くなって来たのと、風が強くなって来たので不安になり、13:00頃再出発。

この先岡谷市街はずっと向かい風で辛かったです。


岡谷ICを越えると、いよいよ最後の難関、塩尻峠が始まります。
距離は4kmほどで斜度も緩いですが、ここまで190km弱走った体にはかなり堪えました。

13:43 塩尻峠のてっぺん 192km地点
13:43 塩尻峠のてっぺん 192km地点

そして13:43、塩尻峠制覇。

甲州街道で一番高い、標高1012m。
振り返ると、今まで走って来た諏訪盆地が一望できて綺麗でした。

13:51 ダウンヒル 194km
13:51 ダウンヒル 194km

あとは下りと平坦だけ。ゴールまであと少しです。

14:23 小坂田公園で休憩 195km
14:23 小坂田公園で休憩 195km

途中に小坂田公園という、でかい公園があったのでまた時間調整。


しかし休憩しているうちにどんどん天気は悪くなり、ついに雨が降って来ました。
しばらく待てば止むかな?と思ってましたが、どんどん雨脚は強まるばかり。しかも寒い。

仕方ないので濡れたらダメなものをリュックに入れ、レインカバーをつけて15時ごろ出発。

再出発後、すぐに甲州街道の終点、高出和手交差点に着きました。
ここで19号線に入り、松本まで残り平坦15km。塩尻峠を超えた時点で、もうほとんど松本に着いた様なものだと思ってましたが、ここからが本番でした。

雨に加えて道は大渋滞。この15kmがとにかく長く、リュックは重たいわ、ウェアは濡れて気持ち悪いわでもう最悪。

16:01 松本に着いた 214km地点
16:01 松本に着いた 214km地点

そして16:01、やっと松本に到着。
達成感で少しは感動するかな〜と思ってましたが、全然そんな事はなく、ちょっとがっかり。

とりあえずいつもの銭湯、瑞祥で汗を流し、夕飯を食べました。

ご褒美
ご褒美

ソースカツ丼。かなり量が多かった。

しばらく瑞祥でテレビを見つつ休憩。
ふと外に目をやると、雨が止んでいたので17:30ごろ瑞祥を後にし、余った時間は周辺をウロウロと観光を。

18:10 松本城
18:10 松本城

松本城。
せっかく松本まで来たのでここは是非とも寄らなければ。

18:20 松本
18:20 松本

ウロウロしている内に「ついに松本まで自転車で来たんだ!」という実感が少しずつ湧いてきました。

18:34 松本駅
18:34 松本駅

そして松本駅アルプス口でゴール。
ここまで走行距離214km、移動時間10:17、獲得標高2333m、消費カロリー7069kcal(!)でした。
初めての200km超えでしたが、意外にも痛みが出たのはリュックを背負った事による肩こりだけ。


それじゃあ帰りますか。
自転車を輪行袋にしまい、帰りは列車で18時間の道のりを一気に3時間で戻ります。鉄道ってすごい。

切符はトクだ値で前もって取っておきました。

松本(20:00)→立川(22:14) 36M 特急スーパーあずさ36号 新宿行き
19:03 スーパーあずさ36号
19:03 スーパーあずさ36号

乗車するのは本日最終の特急、スーパーあずさ36号。
スーパーあずさに使われているE351系はあずさのE257系に比べて車内が狭く、輪行には向かないイメージがありますが、車両最後部の座席の後ろにスペースがあるので輪行袋がすっぽりと入れられます。(E257系は机があり、上手くはいらないみたいです)

こんな感じ
こんな感じ

走行中に揺れることもなく、リクライニング全開にしても問題ありませんでした。

E351系の最後部の座席は、下り(甲府,松本方面)の列車は座席番号1番、上り(新宿方面)の列車は一番大きな座席番号、となります。

事前に調べた所、ここの他にも元公衆電話スペース(E257系5号車,E351系11号車)、付属編成の簡易運転台がある側のデッキ(E257系2号車)にも輪行袋が置けそうでした。
ちなみに、E351系の一部デッキにはスノボードなどを立てかけておく荷物スペースがありますが、ここにはどう頑張っても輪行袋は入らなかったです。


列車が上諏訪を過ぎた辺りから爆睡し、次に目が覚めると八王子でした。
このあと立川で下車し、西武国分寺線経由で家に帰りました(乗り換えがキツかった)

最後にまとめ。

甲州街道はアップダウンはあるものの、景色はきれいだし勾配8%以上の坂はほぼないため、初めてのロングライドにもオススメです。特に自転車で笹子峠(もしくはトンネル)を超えた後、甲府盆地への長い下り坂と、塩尻峠から見る諏訪盆地は格別ですね。
気になった方は是非一度走ってみてください。

半年間の心残りがやっと晴らせ、その日は言うまでもなく、いい夢が見れました。
おしまい。

7 のコメント

      1. あおいさん、
        昨日、無事に長野市に着きました。
        途中の白州の景色は良かったです。
        それにしても、R20を1日で埼玉〜松本まで行ったというのはそーとー凄いことですよ。尊敬します。

        Julio
  1. 甲府まで同じような、コースで行ってきました者です。次は松本まで行ってみようと下調べをしていました。参考にさせていただきます。僕もパンクで一度リタイアしているので共感できました

    ヒロシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA