家から甲府盆地に向かう際、今までは甲州街道ばかりを利用していましたが、実はもう一つルートが存在します。
それが下図の国道411号線ルート。

奥多摩湖を経由して塩山、甲府方面へと向かうルートで、奥多摩湖からは先は「大菩薩ライン」という名前が付いてます。
距離的には甲州街道ルートより少し短いくらいですが、問題は標高1472mの柳沢峠を越える必要があること。

この道は小学生くらいの頃、よく車で親戚の家がある塩山に連れて行ってもらう度に通った、思い入れ深い道。
ずーっと山の中を走っていたことと、つづら折りが沢山あったこと、「おいらん淵」という不気味な所があったことが印象に残ってます。

というわけで坂はきついと思いますが、思い出に浸る為に411号線で甲府まで走ってみることにしました。


今回の装備。

奥多摩駅にて
奥多摩駅にて

ライトは前後2個ずつ装着。
加えて走ってる時の動画を撮影したかったので、アクションカメラをハンドルバーに装着し、給電用のバッテリーをトップチューブバッグの中に入れてます。

帰りは輪行で帰るので、輪行袋や着替えなんかは大型サドルバッグの中に。
後は一眼レフを背負いながら走りました。

2018/03/31 04:00

遠くに行くときは早朝出発じゃないとやる気が出ないので、4時に家を出発。

4:09 出発前の一枚 0km地点
4:09 出発前の一枚 0km地点

青梅までは特に面白い事もなかった上、真っ暗だったのですっ飛ばします。

6:20 将門 33km地点
6:20 将門 33km地点

411号線に入り、多摩川南岸道路との分岐点である将門交差点。
いやー、やっと夜が明けてきました。昼間は気温が上がる事を想定して薄着で来たので、ここまでかなり寒かったです。

6:47 桧村橋 38km地点
6:47 桧村橋 38km地点

奥多摩駅を過ぎ、ここからいよいよ登り坂!
4kmで150mを登ります。

今日は柳沢峠というラスボスが控えているのでちょっと抑えめに。

6:49 白髭トンネル 38km地点
6:49 白髭トンネル 38km地点

狭いトンネルと交通量の多さで、いつもはヒヤヒヤの奥多摩湖までの登りですが、今日は時間的にとても空いていて走りやすかったです。

6:56 桃ヶ沢トンネル 40km地点
6:56 桃ヶ沢トンネル 40km地点

天井から染み出した水がちょっと芸術的な桃ヶ沢トンネル。

7:07 奥多摩湖(小河内ダム) 41km地点
7:07 奥多摩湖(小河内ダム) 41km地点

奥多摩湖に到着。
初めてここに自転車で来た時は「すごく遠い所まで来た感」があったのですが、流石に何度も来ると慣れちゃいました。
もう奥多摩湖では満足できない体になってしまったわけです。

7:25 ドラム缶橋 46km地点
7:25 ドラム缶橋 46km地点

奥多摩の浮き橋。向こう岸は風張峠に向かう奥多摩周遊道路。
一度は渡ってみたいですね。

7:29 深山橋 48km地点
7:29 深山橋 48km地点

R139と奥多摩周遊道路の分かれ道にやって来ました。
初めて知ったのですが、ここで左折すると小菅を通って大月まで道が繋がっているらしいです。
風張峠、都民の森方面もここで左折ですね。

直進して甲府方面へ。
こういう遠くの地名が書いてある看板っていいですよね。なんだかワクワクします。

7:34 丹波山村へ 48km地点
7:34 丹波山村へ 48km地点

交差点を越えると、すぐに山梨県へ!
県境を越える瞬間も大好きです。

7:43 お祭洞門 53km地点
7:43 お祭洞門 53km地点

途中にあったお祭洞門。
この洞門で一年に一回祭りが行われるためお祭洞門と名付けられた、みたいなルーツを想像しましたが、「御祭」というのはこの辺の地名とのこと。

7:50 アップダウン 54km地点
7:50 アップダウン 54km地点

山梨県に入ってから坂が増えてきて、いよいよ山だなという感じ。
やま”なし”なのに。

7:52 今まで走ってきた道

7:52 丹波山渓谷 55km地点

物凄く深い谷。
昔自分が不気味さを感じたのはおいらん淵ではなく、この辺りの風景だったのかも知れません。


この辺りを走っている時のアクションカメラの映像がこんな感じ。

使っているカメラはGoProのパチモンですが、映像は結構きれい。
動画だと後から見直した際に、その時のことを鮮明に思い出せるのでいいですね。

8:02 道の駅たばやま 57km地点
8:02 道の駅たばやま 57km地点

奥多摩湖から15kmほどで、丹波山村に到着。

写真手前の建物は道の駅たばやま。
まだお店も開店前だった上、坂を無駄に降りて登るのが億劫だったのでスルー。

8:12 柳沢峠序盤 60km地点
8:12 柳沢峠序盤 60km地点

丹波山村を越えるといよいよ柳沢峠へ。
丹波山村の標高は630mくらい。柳沢峠の標高は1472mなので、ここから約20kmで840mほど標高を上げるわけです。

柳沢峠序盤は比較的緩やかなアップダウンが続きます。

8:15 羽根戸トンネル 61km地点
8:15 羽根戸トンネル 61km地点

柳沢峠に入り最初のトンネル、羽根戸トンネル。
旧道がすぐ左に残っているのがいい感じ。通行止めですが。

8:28 かたなばトンネル 62km地点
8:28 かたなばトンネル 62km地点

こちらはまだ未完成のかたなばトンネル。

8:34 一之瀬高橋トンネル 64km地点
8:34 一之瀬高橋トンネル 64km地点

続いて大常木トンネルの直後に見えてくるのが一之瀬高橋トンネル。
走っている時は知りませんでしたが、この辺りがおいらん淵の近くらしいです。

8:35 旧道への入り口 64km地点
8:35 旧道への入り口 64km地点

そしてたまたま休憩を取るために自転車を止めた、一之瀬高橋トンネル側の旧道。
こちらがおいらん淵方面への道だとか。

一之瀬高橋トンネルの開通が2008年なので、僕が小学生の頃はこの旧道を車で通っていたのかと思うと、なんだか感慨深いです。

8:43 一之瀬林道と分岐 65km地点
8:43 一之瀬林道と分岐 65km地点

一之瀬高橋トンネルを越えた直後のつづら折りには、一之瀬林道の分岐があります。
一之瀬高原も面白そうなのでいつか走ってみたい。

8:45 甲州市へ 65km地点
8:45 甲州市へ 65km地点

山梨県甲州市に突入。標高938m。
と、ここまではめちゃくちゃ楽しかったのですが、ここから先は単調な景色と勾配に少しずつダレてきました。

9:07 若干飽きてきた 68km地点
9:07 若干飽きてきた 68km地点

甲州市に入った辺りから、勾配はたまにキツくなったり緩くなったりするけど、だいたい7~9%。
それなりにキツイけど、登れないほどキツくはないなといった感じ。

まあ写真を撮るという名目で、ちょくちょく止まっているからそう感じるのかもしれませんが。

9:16 廃バス 69km地点
9:16 廃バス 69km地点

とても古そうなバス。
「EAGLE」と書かれたエンブレムが付けられてます。

9:41 もうすぐ峠 71km地点
9:41 もうすぐ峠 71km地点

やっと峠まであと2kmくらい。
この辺りを走る頃には完全に飽きてしまい、ただただ坂を登るだけの苦行に。

正直、柳沢峠奥多摩側の登りはかなり飽きるので、よっぽど坂が好きな人以外は登っても面白くないかもしれません。
塩山側と峠からの景色は素晴らしいのですが。

9:49 最後の直線 73km地点
9:49 最後の直線 73km地点

やっと峠だ!
この直線を登り終えたら峠だとひと目で分かる親切設計。最後だけは優しい柳沢峠。

10:11 頂上からの眺め 73km地点
10:11 頂上からの眺め 73km地点

柳沢峠制覇〜。
天気が良ければ頂上からは富士山が綺麗に見えます。

9:53 今まで登ってきた道を振り返って 73km地点
9:53 今まで登ってきた道を振り返って 73km地点

看板には「八王子まで81km」と書かれています。
昔は411号線の起点がてっきり青梅だと思い込んでいたため、なぜ八王子?と疑問に思ったのですが、411号線の本当の起点は八王子なんですね。

恐らく、青梅~奥多摩まで411号線には「青梅街道」という名前が付いているので、てっきり青梅が起点だと思い込んでしまったのでしょう。

それと、こんな山奥にバス停があるんですね。
丹波山方面と塩山方面、どちらに向かうとしても20kmくらいあるし、、、どこに向かうバスなのでしょうか。


それでは少し休憩を挟んだ後、塩山に向けて峠を後にします。

10:16 富士山と自転車 74km地点
10:16 富士山と自転車 74km地点
10:25 R=70mの急曲線 76km地点
10:25 R=70mの急曲線 76km地点
10:27 高芝大橋 77km地点
10:27 高芝大橋 77km地点

柳沢峠塩山側は、山深い景色に似つかない近代的な構造物の数々に「すげえ〜」の一言。

ただしかなりの下り勾配でスピードが出るわりに、路面の悪い箇所が多いので注意が必要です。

10:21 富士山と標識
10:21 富士山と標識

これはお気に入りの写真。
「こちらが富士山となっております」と言わんばかりの矢印。

10:40 もうすぐ盆地 81km地点
10:40 もうすぐ盆地 81km地点

そして甲府盆地が見えてきました。
この瞬間は甲州街道にしても大菩薩ラインにしても最高です。

11:22 塩山下萩原 90km地点
11:22 塩山下萩原 90km地点

塩山市街まで下ってきました。
現在塩山駅の直ぐ側、笛吹川近くのベンチで休憩中。

ここは2年前自転車で松本まで行こうとした際、泊めてもらった親戚の家の直ぐ側。
昔からよく通った道なので、何となくホッとします。


甲府まであと20kmほどですが、まだ時間に余裕があるので、フルーツライン辺りをポタリング。

11:26 同地点から撮ったE353系
11:26 同地点から撮ったE353系
12:24 中央線の線路脇から 94km地点
12:24 中央線の線路脇から 94km地点

この日はとてもいい天気でした。

気温もかなり上がり、柳沢峠では6℃くらいしかなかった気温が今は23℃。
登り坂では基本的に寒さを感じないので、薄着で来て正解でしたね。

12:26 スーパーあずさ14号 94km地点
12:26 スーパーあずさ14号 94km地点

E353系スーパーあずさ。
今回帰りの列車にはE353系の列車を指定したので、この後初めて乗車する予定です。
楽しみ。

13:19 石和温泉付近 110km地点
13:19 石和温泉付近 110km地点

塩山からここまで雁坂みちという走りづらい道路を通り、甲府までやってきました。

13:30 喜久乃湯温泉 119km地点
13:30 喜久乃湯温泉 119km地点

甲府駅近くの喜久乃湯温泉でひとっ風呂浴びてから帰ります。
ここは源泉(ほぼ水風呂)が気持ちいいです。

15:09 甲府駅で自転車をばらす 120km地点
15:09 甲府駅で自転車をばらす 120km地点

そして甲府駅でゴール。
今回は走行距離120km、獲得標高1880mでした。
スピードセンサの電池切れで距離が短めに出てるのがちょっと残念ですが、この距離で獲得標高2000m弱はすごいですね。

甲州街道だと、家から甲府まで獲得標高1200mくらいなので、大菩薩ラインが如何に山中を通っているのか、もしくは甲州街道が如何に上手く山を避けて作られているのかが分かります。

甲府(15:55)→立川(16:57) 22M 特急スーパーあずさ22号
15:55 スーパーあずさ22号
15:55 スーパーあずさ22号

E353系に初めての乗車!

事前に調べた感じだと、自転車を置けるスペースは車両最後部の座席の後ろしかないっぽいので、その席を予約しました。

16:09 ドア横に輪行袋を置く
16:09 ドア横に輪行袋を置く

が、途中駅からの乗車だったため、既に先客のキャリーバッグが置いてあり、自転車を置けるようなスペースはありませんでした…

ちょうどやってきた車内販売の方に他に置く場所があるか聞いたところ、座席の後ろとデッキ以外に置く場所はなく、ドアは八王子まで開かないからここに置いてしまって大丈夫、とのことなので、デッキのドア横に自転車を置かせてもらいました。

やっぱり輪行する時は出来るだけ始発駅から乗車した方がいいですね…

16:56 立川到着前
16:56 立川到着前

立川まで1時間の快適な旅。
E351系に比べるとゆれの少なさが全然違うなあと感じました。

16:58 E353とお別れ
16:58 E353とお別れ

あっという間に立川到着。
次は全区間乗ってみたいですね。

立川駅で自転車を組み立て、あとは家まで20kmほど、自走で帰りました。

19:12 狭山湖 136km地点
19:12 狭山湖 136km地点

最後に狭山湖から。
ここまで渋滞に巻き込まれたり、道に迷ったりして2時間以上かかってしまいました。

今回は行程に余裕があったため、ゆっくりと走れて楽しかったです。
久しぶりの輪行で練習もできたし、カメラの持ち運び方法も解決したので、いよいよGWは前々から行ってみたかった霧ヶ峰へ…

走行距離: 139.0km
獲得標高: 1968m

1 のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA