ピーチ、もしくはバニラエアの飛行機で新千歳空港に行った際に利用できる「ひがし北海道フリーパス」。
5日間道央と道東の特急自由席が乗り放題という切符です。
今回はこれを使って北海道に行ってきました。

この旅に行く直前、9/6日の地震でいくつかの路線が運休になり、行きたかった小清水原生花園や釧網線北浜駅、根室は泣く泣く諦めとなったものの、久しぶりの北海道はやっぱり最高でした。

主な行程
1日目:家-成田空港-新千歳空港-旭川
2日目:旭川-美瑛-網走
3日目:網走-札幌
4日目:札幌-釧路-札幌
5日目:札幌-新千歳空港-成田空港-家

2018/09/12(Wed) 07:00 新宿駅

7:27 新宿駅。
7:27 新宿駅。

それでは新宿から列車を乗り継いでで北海道へ!
と行きたいところですが、LCCで新千歳空港に行かないとひがし北海道フリーパスが購入出来ないので成田空港へ。

新宿(08:02)→空港第2ビル(09:29) 特急成田エクスプレス11号
7:34 E259系成田エクスプレス。
7:34 E259系成田エクスプレス。

成田空港へはちょっと贅沢にNEXで行きます。
NEX往復きっぷを利用すると都区内から成田空港まで往復で5000円弱くらい。
スカイライナーよりちょっと高いくらいかな。

NEXには昔一度乗ったことがありますが、高い料金を払ったわりに座席がリクライニングしないボックスシートですごくガッカリした苦い思い出がありますが、現在は車両が新型車に置き換わっているので大丈夫。

ちなみに隣のホームに止まっていたコイツがその張本人。

7:29 隣のホームに止まってた旧成田エクスプレス。
7:29 隣のホームに止まってた旧成田エクスプレス。

元成田エクスプレスの253系はピンク色に塗り替えられ、現在日光方面の特急に利用されているもよう。
もちろん座席はボックスシートではなく、一般的なリクライニングシートに交換されています。

07:49 E259系の車内。
07:49 E259系の車内。

でこっちが新型E259系の車内。

8:15 デッキにあったサイネージ。
8:15 デッキにあったサイネージ。
8:43 車内のモニター。色々な情報が出てきて便利。
8:43 車内のモニター。色々な情報が出てきて便利。

車内にあるこのモニター。
成田空港から出る飛行機の情報や、各地の天気など色んな情報が見れて便利。


新宿から1時間半ぐらいで空港に到着。

9:32 空港第2ビルから第3ターミナルへ。
9:32 空港第2ビルから第3ターミナルへ。

バニラエアは成田空港第3ターミナルのため、空港第2ビル駅で下車。
第3ターミナルまでかなり長い距離歩きます。

ただ荷物が少ないのであればバスに乗るよりも歩いたほうが楽だと思います。

11:02 第3ターミナル。
11:02 第3ターミナル。

第3ターミナルに到着してチェックインを済ませたところ。

予約した飛行機が成田を発つのが12:10なので、早く来すぎたみたいです。
なんだかんだ2時間近くフードコートで暇を潰してました。

11:07 バニラエアの飛行機。
11:07 バニラエアの飛行機。

これがこれから搭乗するバニラエアの飛行機。
このでかいフランクフルトみたいなのが空を飛ぶんだからすごい。

12:03 いよいよ搭乗。
12:03 いよいよ搭乗。

搭乗しました。
座席はかなり窮屈だけど1~2時間くらいならまったく問題ないレベル。

ただ気になるのが座席を詰めて配置しているからか、窓割りが微妙にずれていること。
せっかく別料金を払って窓側席を予約したのに、座席から身を乗り出さないと景色が見えないハズレ席でした。

12:44 利根川の真上を飛行中。
12:44 利根川の真上を飛行中。

成田を出て直後。
地形や目立つ建物から現在地を特定しようと頑張ったものの、新千歳に着くまで殆ど分からずじまいでした。

そういえば2014年から発着陸の際も電子機器の利用が出来るようになったみたいですね。
陸から離れていく/近づく一番面白い時間帯の写真が残せて捗ります。

13:21 あっという間に雲の上。
13:21 あっという間に雲の上。

安定飛行に入った時には既に山形県上空とのこと。

13:27 青森市街?
13:27 青森市街?

地形的に青森市街だ!と思って写真を撮ったけれどたぶん野辺地。

いや、やっぱり青森市街かも。

13:49 北海道きたー
13:49 北海道きたー

それでも北海道に入った時は明らかに地上の景色が変わったのですぐに分かりました。
久しぶりの北海道で既にちょっと感動してます。

13:59 新千歳空港到着。
13:59 新千歳空港到着。

成田から僅か1時間ちょっとで新千歳空港に到着。
比べるのもおかしいけれど、いつも北海道に行く際に使っていた普通列車とは比べ物にならない速さ。

でもやっぱり旅としてより面白いのは普通列車ですね。飛行機だとあっという間過ぎてちょっと物足りないです。

新千歳空港(14:30)→札幌(15:07) 快速エアポート145号
14:24 731系エアポート。
14:24 731系エアポート。

新千歳空港駅で「ひがし北海道フリーパス」を購入し、いよいよ北海道の鉄道旅がスタート。

まずは快速エアポートに乗って札幌へ。
ディーゼルが主体の北海道でも札幌近郊は電車が走ってます。

14:44 恵庭駅。
14:44 恵庭駅。

千歳、恵庭、北広島、新札幌、e.t.c、、、という懐かしい駅名や「本場の味 サッポロビール」の広告がだんだんと北海道に来たことを実感させてくれます。

15:09 札幌到着。
15:09 札幌到着。

空港から30分ほどで札幌到着。

今日はとりあえず旭川まで行って宿泊するだけなので、札幌を少し観光します。

16:09 どこかで見たことのある公園。
16:09 どこかで見たことのある公園。

某どうでしょうでよく出てくる南平岸中央公園。
本当にHTBの直ぐ側にありました。

前回3年前に北海道に来た時は札幌で観光する時間が十分あったにも関わらず、この公園に寄ることをすっかり忘れていたのでちょっと心残りだった場所。

16:05 onちゃん。
16:05 onちゃん。

たまたまこの日がHTB移転の直前だったようで、写真を撮っている人が何人もいました。

16:36 札幌時計台。
16:36 札幌時計台。

札幌時計台は工事中でなんとハリボテに!
ガッカリ度に更に磨きがかかってむしろ得した気分。

18:14 特急で旭川へ。
18:14 特急で旭川へ。

暫く観光した後駅に戻り、旭川へと向かいます。
ひがし北海道フリーパスは特急の自由席に乗り放題なので、その恩恵にあずかり特急で。

比較的利用者が多い札幌-旭川間も普通列車で移動するととても大変なので助かります。

札幌(18:30)→旭川(19:55) 特急ライラック35号
19:15 ライラック35号の車内。
19:15 ライラック35号の車内。

この区間は通勤通学に特急を利用する人が多いらしく、乗車している人の殆どが定期券らしきもので乗車してました。

札幌から旭川までの距離はおよそ120kmほど。都心だと通うのはまずありえない距離ですが、所要時間が1時間半ほどだということを考慮すると案外ありなのかもしれません。

19:24 滝川停車中。
19:24 滝川停車中。

景色はけっこう良かった覚えがありますが、如何せん真っ暗で何も分からず。

19:59 旭川についた。
19:59 旭川についた。

旭川に到着しました。

20:00 特急サロベツ。
20:00 特急サロベツ。

隣に停まっていたのは今日から運転を再開したサロベツ号。
終点の稚内に着くのは日付の変わる直前ですが、こんな時間でも札幌から稚内まで行けるのはちょっと驚き。

20:05 旭川駅。
20:05 旭川駅。

駅から出たらめっちゃ寒かったので急いでホテルに駆け込みこの日は終了。

地震の影響かホテルは直前に予約したにも関わらず格安でした。

2日目に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA