TAMRON A14Eを買ったので八王子周辺で試し撮り

Amazonで投げ売りされている「TAMRON A14E」のキャノン用を購入しました。
正式名称は「AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII」。

箱

値段は僅か14000円なんですが、18から200mm(APS-C)まで撮れ、重さもそこそこと、かなりいいレンズだと思います。
早速外で写真を撮りに出かけてきました。ほとんどAvモードで撮ってます。


2015/10/08(Thu) AM09:00
高尾駅
高尾駅(18mm 1/2000 f4 ISO100)

まずは高尾駅から歩いて八王子城跡に行くことにしました。
駅から1km程でしょうか、入り口っぽい所に到着。

入り口らしき場所
入り口らしき場所(18mm 1/800 f4 ISO100)

ここから少し歩くと登山が始まりました。

登山の始まり
登山の始まり(18mm 1/40 f4 ISO100)

途中猿の大群に会いましたが、残念ながら撮影することはできませんでした。

頂上付近のすごく景色がいい所。

ビューポイント
ビューポイント(18mm 1/40 f4 ISO100)

天気が良かったのでスカイツリーまで見れました。

スカイツリー
スカイツリー(200mm 1/80 f6.3 ISO100)

200mmだとこんなにアップして撮れます。

鳥がいたので撮影。

bird
bird(200mm 1/250 f6.3 ISO100)

被写体が鳥だと200mmでも少し物足りなく、もうちょっと寄りたい感じです。


 

さて、再び高尾駅に戻ってまいりました。せっかく一眼レフを持っているので鉄道の写真でも取ろうかと思います。
まずは駅についた時に通過したあずさ。

通過するあずさ
通過するあずさ(91mm 1/60 f5.6 ISO 100)

やっぱり一眼は綺麗に写真が撮れます。

鉄道写真の撮影地を検索してみると、豊田のS字カーブが有名らしいので、中央特快で高尾から豊田へ移動。
その後30分ほど歩いて撮影地に到着。

E233
E233(60mm 1/329 f5 ISO 100)

おー、写真や動画でよく見る所だ!
もうちょっとズームして撮ったほうが良かったですね。

次に豊田駅のそばの鉄橋に移動。

貨物列車
貨物列車(57mm 1/500 f4.5 ISO 100)

ここは余計なものがいっぱい写ってしまうので撮りづらかったです。
続いてE233。

E233-2
E233-2(18mm 1/1250 f4 ISO 100)

周りにフェンスが写っちゃってますが、むしろそれがいい味出してるような気がします。

最後に下から撮影。

E233-3
E233-3(18mm 1/1000 f4 ISO 100)

明らか失敗してますが、インパクトがあって結構気に入ってます。

 

これにて試し撮りは終わり。豊田駅に戻り、家に帰りました。
TAMRON A14Eは手ぶれ補正がないので室内の撮影はかなり厳しい印象でしたが、外での撮影ではすごーく使いやすかったです!
次旅行に行くときはこれを持って行きたいと思います。

 

おしまい。

北斗星を見に上野駅へ

だいぶ前の事ですが、帰り道に北斗星を見に上野まで行ってきました。


2015/4/23(Thu) PM00:00

まずは八王子からかいじで一気に新宿へ。

かいじ号
かいじ号

短い区間でしたが久しぶりの特急で楽しかったです。
新宿からは中央線で東京へ向かい、東京から上野東京ラインに乗車。
開業から2ヶ月ほど経ってからの初乗車です。

回送列車
回送列車

ホームには謎の回送列車が。ストライプ色の185系も見るのはこれが初めて。
そして上野に着いたのが15時00分頃。

上野駅
上野駅

北斗星の入線時刻は15時35分なので30分前に到着。
割りと余裕を持って出たつもりでしたが、意外とギリギリ。

そして15時35分北斗星が入線。

北斗星
北斗星

まずはお決まりの先頭の機関車を撮影。カシオペアカラーの機関車でした。
明るいうちに下り北斗星が上野に来るのは何だかすごく懐かしく、僕は北斗星が二往復だったときの北斗星1号が特に好きだったので、臨時北斗星は旧1号が復活したみたいで嬉しいです。

そして今回上野まで北斗星を見に来た目的これ!!

ロビーカー
ロビーカー

臨時北斗星で復活した全室ロビーカーです!初めて北斗星乗った9年前以来の再開。
実物を見ると、初めての一人旅でとても不安だった気持ちやら旅行前後の忘れかけていた記憶がいろいろ蘇ってきます。特に思い出したのは、夜中の自分一人しかいないちょっと不気味なロビーカー。あの時に感じた不安だけどワクワクするような気持ちがつい昨日のことのように思えました。

最後尾
最後尾

しかし、そんな大切な列車である北斗星を見れるのも今年が最後。
残念ながら廃止までに乗る機会はなさそうです。北斗星の姿を見るのもこれが最後かも…。

でも未練はありません!お別れは去年の11月に乗った時にしてきました。
最後に懐かしいロビーカーが見れて良かったです。

正面から
正面から

あまり帰りが遅くなってしまうと、夕ラッシュに巻き込まれてしまうので、発車は見届けず帰ることにしました。

おしまい。