北海道&東日本パスで行く夏の北海道旅行 3日目

3日目 函館観光

3day

☆旅の日程

3日目はあまり移動せず、1日中函館周辺を観光しました。
旅行中最も楽な日のはずでしたが、結果的には最も厳しい1日に。

8 /19(Wed) AM06:00 函館のホテル

起きてすぐ朝風呂へ。

休憩所
休憩所

1時間ほど温泉に入り、休憩所でゆったり。暖まった体に扇風機の風が心地良いです。

休憩所からの眺め
休憩所からの眺め

昨日までの雨は止み、今日はいい天気。
雨の中観光するのは億劫なので助かりました。

部屋に戻ったあとすぐに朝食。

朝食
朝食

昨日に続いて、ホテルのバイキングです。
チーズいももちが美味しくてついつい何度もおかわりしてしまいました。

その後支度をし、09:00頃チェックアウト。

函館駅
函館駅

十字街のハセガワストアで昼食のやきとり弁当を買い、函館駅構内のコインロッカーに荷物を預けた後、観光開始!

函館(10:49)→大沼公園(11:36) 4833D JR函館本線 森行き
森行きワンマン列車
森行きワンマン列車

まずは列車で大沼公園へ。

この旅行初の気動車です。
昨日までの電車とは明らかに違う、独特の振動と音にワクワクします。

10:49、函館駅を発車。

函館-五稜郭間
函館-五稜郭間

窓を1/3ほど開けて車窓を楽しみます。

途中の渡島大野駅。

新しい渡島大野駅
新しい渡島大野駅

北海道新幹線の新函館北斗駅になるらしく、リニューアルされてました。
のどかな風景の中に近代的な駅舎、長いホームに2両編成の汽車が停車する姿はなんともアンバランス。

あ、ちなみに窓はトンネル内の風圧が凄かったので少し下げました。

小沼?
小沼?

左手に小沼(だと思われる)が見えてくると、大沼公園まであと僅か。
奥には駒ケ岳が見えます。


そして函館から1時間程で、大沼公園駅に到着。

大沼公園駅
大沼公園駅

この駅で自分たちも含めて殆どの乗客が下車します。

大沼公園駅前
大沼公園駅前

それにしてもいい天気で気温もちょうどよく、気持ちいいです。

駅前で自転車を借り、大沼をサイクリング。

レンタサイクル
レンタサイクル

大沼1週は自転車だと1,2時間しかかからないそうなので、ゆっくりと寄り道しながら回ることにします。

大沼公園駅を出た直後
大沼公園駅を出た直後
寄り道
寄り道

途中で右折し、流山温泉駅の方へ。

曲がった先には向こうが見えないすごい道。

流山温泉駅近くの踏切
流山温泉駅近くの踏切

流山温泉駅。

駅前
駅前

流山温泉駅はその名の通り、駅のすぐ側に「流山温泉」という温泉があったんですが、今年の3月に潰れてしまった模様。北海道に行った時は必ず寄っていたお気に入りの場所だったので、潰れたと知った時はすごくショックでした…。

もう温泉には入れませんが、せっかく近くを通るので…と、いうことで今回もここへ来ました。

駅前に新幹線が置いてあったんですが…

新幹線の車輪と鼻
新幹線の車輪と鼻

なぜか無くなってました。

ここで昼食の焼き鳥弁当を頂きます。

焼き鳥弁当
焼き鳥弁当

せっかくその場で焼いてくれたのに冷えてしまっていて少しもったいなかったです。
焼き鳥弁当はなるべく早めに食べた方がいいですね。

流山温泉の施設があった場所の先には牧場がありました。

牧場
牧場

少し右手には駒ケ岳。

駒ケ岳
駒ケ岳

自分達しか人がいないのですごい開放感。
ゆっくり流れていく時間と開放感で心から癒やされてました。

流山温泉を後にし、再び大沼へ。

折り返し地点付近?
折り返し地点付近?

 

もうすぐ1周
もうすぐ1周

 

再び大沼公園駅
再び大沼公園駅

そしてゴール!
結局流山温泉を出てから殆ど寄り道せず着いちゃいました。

現在時刻は13:30。ちょうど良く30分後に普通列車があったのでそれに乗って函館へ戻ります。

大沼公園(14:09)→函館(14:44) 4834D JR函館本線 函館行き

仁山駅停車中、いきなり雨が!

仁山駅
仁山駅

この後も函館を歩く予定なのでこれはマズイです。

が、にわか雨だったようですぐ止んでくれました。

七飯付近
七飯付近

但し天気はちょっと下り坂?
この後天気はもってくれるでしょうか。


14:44、再び函館駅に戻ってきました。

再び函館駅
再び函館駅

次は函館山からの夜景を見に行きます。
と言っても今の時間だと早すぎるので赤レンガ倉庫やデパートでぶらぶら。

 

16:30、どんぶり横丁で早めの夕食。

海鮮丼
海鮮丼

海鮮丼は高いイメージがありますが、値段は約1000円とかなりリーズナブル。もちろんすごくうまかったです。

夕飯を食べ終わった後はついに函館山へ。まずは元町へ向かいます。

登山開始
登山開始

現在地は函館山登山道の入り口。
ロープウェイで山頂へ行くつもりでしたが、いつの間にか流れで登山することに。

登り始めて20分くらい。

山頂
山頂

山頂がだいぶ近づいてきました。

ひらけた場所から。

右側
右側

海の向こうには本州津軽半島が見えました。

少し進むと函館山の裏へ沈む夕日が!

綺麗な夕日
綺麗な夕日

美しい…。
ここまで歩いて登ってきた甲斐がありました。

そして登り始めて40分ほど、函館山山頂到着。

着いた直後
着いた直後

18:30頃着きました。
ちょうど暗くなり始める頃で、まだ人もまばらだったのでナイスタイミングでした。

後は暗くなるまでじっと待機。

だんだん暗く…
だんだん暗く…

風が冷たく寒かったですが、だんだんと空が暗く、街が明るくなっていく様子は見ていて飽きなかったです。

待機し始めて40分後。

100万ドルの夜景
100万ドルの夜景

まだ完全に真っ暗になってはいませんでしたが、多分これが夜景の完全体。
この後22:00までに駅のロッカーで荷物を取りに行かないといけないので、もう少し見ていたい気もしますが、この写真を撮った後下山。
ここからの夜景を見るのは今回で3回目なので正直気乗りしなかったものの、途中で夕日も見れたし景色は綺麗だったしで、見に来て大正解でした。


函館駅で荷物を回収した後、谷地頭温泉へ入り、また歩いて函館駅へ。

宝来町(22:30頃)
宝来町(22:30頃)

谷地頭から駅までは結構距離があり、重い荷物を背負いながら歩くのはきついです。
市電を使えばすぐに着きますが、敢えて市電は使いませんでした。
これは今日の宿である夜行列車の座席でぐっすり眠るために、めいいっぱい疲れよう!という作戦のため。今日1日観光しまくったり、無駄に登山したのもそのためでしたが…

作戦は大失敗でした。
結局はまなすの座席では殆ど寝れなかった上、3日目はかなりハードな日程になってしまいました。

なんとか十字街まで来た
なんとか十字街まで来た

賑やかだった赤レンガ倉庫も夜になると人っ子一人いません。
人がいないのに妙に明るくて少し不気味だったのを覚えています。
恐らく夜景を綺麗にするため街灯をたくさんつけてるんじゃないかと。

そして駅に戻ってきました。

深夜の函館駅
深夜の函館駅

次に乗る夜行列車、「はまなす」の函館到着は日付が変わって明日の0:40頃。
と、いうわけでここで3日目は終了とします。

4日目に続きます。

https://aoisupersix.tokyo/wp/2016-01-01/hokkadiotrip2015-4/