1日目 浦和→盛岡(500km)

1day

友人と8/17から8/23にかけて、1週間北海道旅行に行ってきたので記録に残します。
使用するのはJR東日本とJR北海道の普通列車が7日間乗り放題の「北海道&東日本パス」という切符。
鈍行列車ならではの旅を楽しめるのと、価格が1万円と安いのが魅力です。

さて、鈍行列車で北海道に向かう場合、2つのルートがあります。
1つは東北本線をひたすら北上する太平洋側のルート、もう1つは上越、羽越、奥羽本線で北上する日本海側のルート。
個人的には景色の綺麗な日本海側のルートで向かいたいんですが、ムーンライトえちごの廃止ですごーく時間がかかってしまうので、仕方なく今回は太平洋側のひたすら乗り継ぎルートを選択。
ただ1日中列車に乗りっぱなしはキツそうなので、途中盛岡で1泊し、2日かけて北海道に上陸することにしました。

☆旅の日程

と、いうことでまずは1日目、盛岡を目指してひたすら北上します。

8 /17(Mon) AM06:00

旅の出発地点は浦和駅。

浦和駅
浦和駅

天気はあいにくの雨。かなりテンション下がります。
最初に乗る列車は宇都宮線の宇都宮行き。

グリーン車乗車位置
グリーン車乗車位置

これから1週間に及ぶ長い旅の、記念すべき最初のランナーなので、景気づけにグリーン車に乗ることにします。

浦和(06:26)→宇都宮(07:51) 527M 宇都宮線 宇都宮行き
グリーン車
車内の様子

平日なのに車内はガラガラ。すごく混んでると思っていたので拍子抜けでした。
この後も人が乗ってくることはなく、終点まで数人しか乗ってませんでした。

すごい雨
すごい雨

雨脚の強くなる中、列車は今のところ順調に北上中。

しかし今日の目的地は盛岡。
まだまだ先は長いので、途中で列車が止まらないことを祈ります。


1時間半で宇都宮到着。
続いて黒磯行きに乗り換え。

黒磯行きの案内
黒磯行きの案内

編成は先程の10両編成から一気に4両編成に現象。

宇都宮(08:02)→黒磯(08:56) 425M 東北本線 黒磯行き
黒磯行き
黒磯行き

この列車は宇都宮始発ではなく、なんと高崎始発で両毛線経由の列車。
座れないかと思いましたが、宇都宮で殆どの人が下車したので無事に座れました。

黒磯行きの車内
黒磯行きの車内

車窓は早くも田園風景に。今日は1日中このような景色が続きます。

黒磯駅
黒磯駅

9時頃黒磯駅に到着。
次に乗車する郡山行きまで乗り換え時間が40分近くもありますが、これといってやることもないので駅で待機。

東北本線は新幹線の乗り継ぎを考慮しているせいか、乗換駅ごとに微妙な待ち時間がよく発生します。

黒磯(09:38)→郡山(10:39) 2131M 東北本線 郡山行き
走ルンです
走ルンです

郡山行きは残念ながらロングシートの701系。運が悪いと盛岡までずっと701系に当たることもあるらしいです。
この車両は座席が固く、長時間座っているとおしりに深刻なダメージを与えてくる強敵なので、心してかからねば。

郡山行き乗車直後の様子
郡山行き乗車直後の様子

まだ発車までかなり時間がありますがやることもないので乗車。
発車直前にたくさん人が乗ってきたので車内かなり混雑して黒磯を発車。
外が見れないしやることもなく退屈だったので郡山までずっと居眠りしてました。

10:40、郡山着。

郡山駅
郡山駅

もうここは東北地方、福島県。
どうやら雨も止んだようで一安心です。

郡山(11:06)→福島(11:54) 1137M 東北本線 福島行き

福島行きも同じく701系でした。
さっき寝てしまったのでもう居眠りもできず、すごーく暇でした。

福島到着後、すぐに反対ホームに停車している白石行き乗車。

福島(12:00)→白石(12:34) 1185M 東北本線 白石行き
白石行き乗車
白石行き乗車

嬉しいことにクロスシートのE721系でしたが、座れなかったので関係なし。
しかし今までの列車とは違い、座れなかったお陰でドアの窓から景色が見れたので、楽しい時間となりました。

30分と乗車時間が短く、直ぐに終点白石に到着。
そして直ぐに仙台行き乗車。

白石(12:37)→仙台(13:26) 445M 東北本線 仙台行き

この列車もクロスシートの719系でした。
そして運良くクロスシートに着席!

仙台行きの車窓
仙台行きの車窓

仙台へ向けて快走する445M列車。
今日一番スピード感がある列車でした。

仙台に近づくにつれ、都会になっていく風景
仙台に近づくにつれ、都会になっていく風景

仙台の少し手前で常磐線と合流し、高架線に。
仙台は昔からよく行っていたので馴染みがあります。


そして13:26、仙台に到着!

仙台駅
仙台駅

ここでほっと一息、本日の前半戦終了です。
お昼ごはんに牛タンを食べようかと考えてましたが、牛タンのお店はすごい行列が出来ていたので駅そばで済ませました。

仙台(13:55)→小牛田(14:39) 2547M 東北本線 小牛田行き
小牛田行き
小牛田行き

嬉しいことにまた719系。
クロスシートで快適に移動します。

小牛田駅
小牛田駅

40分ほどで小牛田に到着。
雨は嫌いですが、こういう曇り空は好き。

小牛田(14:51)→一ノ関(15:39) 537M 東北本線 一ノ関行き

今度の車両は701系。
かなり混んでいたのでむしろロングシートで助かりました。

相変わらずの田園風景
相変わらずの田園風景

宇都宮から景色はほとんど変わっていませんが、不思議と見ていて飽きない風景です。
こちらも直ぐに終点一ノ関に到着。

一ノ関(15:46)→盛岡(17:16) 1543M 東北本線 盛岡行き
一ノ関発車前
一ノ関発車前

ついに今日最後の列車!
一ノ関行きに続いて、車内は大混雑。乗車時間も1時間半と長く、この日の中で一番キツかったです。

路線図を見てあと何駅か確認したり、頭の中で1,2,3…と数えたりして時間が過ぎるのを待ちました。


そして長い長い1時間半が終わり、
17:16、本日の目的地、盛岡に到着!

盛岡駅
盛岡駅

ここまで長かった~。新幹線だと僅か2時間ぐらいでここまで着いちゃうのが驚きです。
早速本日のお宿の方へ向かいます。

ホテル
ホテル

駅から1kmほど歩きまして、ホテル到着。
宿泊費は一人約3000円で済みました。ベットでぐっすり寝れて、シャワー浴びれて、テレビ見れてこの安さは嬉しいです。

1時間程ホテルでくつろいだ後、夕食へ。
ホテルの裏手に調度良く牛タンのお店がありましたが、今日に限って定休日…。
仕方なくガストへ。

ガストで夕食
ガストで夕食

ハンバーグ&ドリンクバーで、約1000円。
美味しかったです。

ホテルに戻った後、シャワーを浴び、写真の整理をし、テレビでやってたB級映画を見て、22時頃就寝。
もっと疲れるかと思いましたが、ほとんど疲れはなく、ずっと列車に乗ったままだったので少し退屈な1日でした。

 

2日目に続きます。

https://aoisupersix.tokyo/wp/2015-10-29/hokkadiotrip2015-2/

4 のコメント

  1. ピンバック: 北海道&東日本パスで行く夏の北海道旅行 2日目 | せとのほんじお

  2. ピンバック: 北海道&東日本パスで行く夏の北海道旅行 3日目、函館観光 | せとのほんじお

  3. ピンバック: 北海道&東日本パスで行く夏の北海道旅行 7日目(最終日) | おんじほのとせ

  4. ピンバック: 北海道&東日本パスで行く夏の北海道旅行 6日目 | おんじほのとせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA